日本 アイス ホッケー 連盟。 IIHFランキング

アイスホッケー

アイス ホッケー 連盟 日本 アイス ホッケー 連盟 日本

しかし、このような時こそスカウトの腕の見せどころだとばかりに、八幡は自らが生まれ育った北欧を中心に、次代の主力選手の発掘に尽力し続けている。 引退後は1973年にの理事、2003年に連盟会長に就任した。

公益財団法人東京都アイスホッケー連盟

アイス ホッケー 連盟 日本 アイス ホッケー 連盟 日本

- 22位 ディヴィジョン1 Aグループ 6位 [ ]• - 10位 プールB 2位• また、故郷は異なるがフィンランド生まれの 一昨季にサンノゼからコロラドへ移籍/FW・28歳 も、アマチュア時代に八幡がスカウトとして視線を注いでいた選手で、FWのレギュラーとして活躍している。

1

冨田正一

アイス ホッケー 連盟 日本 アイス ホッケー 連盟 日本

6回総当りを前期・後期各3回に分け行い、それぞれのステージ1位のチームが決勝戦(5戦3勝制)を戦う。

冨田正一

アイス ホッケー 連盟 日本 アイス ホッケー 連盟 日本

ので行われた1962年のではビザが降りなかったに加えて、、が不参加、Bグループで日本が優勝した。 スコーバレーオリンピックには、からに乗船し2週間かけてまで行き、そこからバスと鉄道でに行き、本番まで練習を続けたという。 - 19位 ディヴィジョン1 Aグループ 3位• - 25位 ディビジョン1 Aグループ 5位• - 10位 プールB 2位• 2010年 後 21位 2575ポイント• (1988-1991)• (昭和49年)に十條製紙(後の)が加盟し、6チーム体制となる。

18

アイスホッケー日本代表

アイス ホッケー 連盟 日本 アイス ホッケー 連盟 日本

このときフェアプレー賞としての時計を受け取った。 - 13位• 残念ながら熱心なアイスホッケーファンでも、彼の名前を憶えている人は、少なくなってしまったに違いない。 - 21位 ディビジョン1 Aグループ 3位• 「」の愛称で親しまれている女子アイスホッケー日本代表が、ソチ、平昌(ピョンチャン)と二大会続けて出場権を勝ち取ったのとは対照的に、男子は開催国出場権を得た1998年の長野大会以来、いずれも予選で敗れている。

8

日本アイスホッケー連盟

アイス ホッケー 連盟 日本 アイス ホッケー 連盟 日本

現在は、、Jアイス・イースト・ディビジョン、、Jアイス・サウス・ディビジョン、Jアイス・ノースイースト・ディビジョン、および各ディビジョンの優勝チームによるが行われている。 世界選手権では1998年から2004年まで、アジア枠でトップディヴィジョンに参戦したが成績は振るわなかった。