項 王 の 最期 四面楚歌。 史記:項王の最期『四面楚歌』問題1

項王の最期(3)原文・書き下し文・現代語訳

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

決して自分が弱いからではない」と渡し場の役人に言い残し、追っ手の只中へと駆けて行きました。 (恥ずべきである。 さらにの軍も彭越と合流、楚のも寝返り、これらの軍勢は次々と洨城(現在の安徽省)付近の垓下の劉邦の下に集結した。

14

項王の最期(項王自刎) (現代語訳・解説あり)項羽本紀第七 史記 漢文

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

曰はく、「若(なんぢ)は吾が故人に非(あら)ずや。 「名虞」について、『史記集解』に「徐広が、ある本には『姓は虞氏』に作るという。

項王の最期(1)『四面楚歌』原文・書き下し文・現代語訳

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

」 そして、配下の騎兵を下馬させ、白兵戦を挑んだ。

2

古典のテストで、項王の最期というお話なんですが四面楚歌の部分から項王が最期首...

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

駿馬 アリ、名 ハ騅。 烏江の亭長は江東に逃げて態勢を整えるよう勧めますが、項羽は「死んでいった者たちとその家族のことを考えると、おめおめと逃げ帰ることはできない」と覚悟を決めています。

3

四面楚歌で、項王乃ち大いに驚きて曰くってありますが、漢軍が楚の歌を歌...

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

しかし、項羽の「驚き」の中には、今の自分がどのようなものなのかを思い知った人の「驚き」があるのではないでしょうか。

9

項王の最期②: 高校古文こういう話

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

しかし、彼は捨てるべきプライドを捨て去ることはできず、死を選ぶしかなかったんですね。 「兵」は戦争関連の事柄を表すが、ここでは"武器"の意である。

5

四面楚歌 現代語訳・書き下し文・読み方

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

宴が終わると、項羽は夜を突いて残る八百余りの兵を連れて出陣し、囲みを破って南へ向かった。 有美人名虞、常幸従。 項羽が生まれたのは前232年。

7

高等学校古典B/漢文/四面楚歌

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

夜、項羽は四方の漢の陣から故郷の楚の歌が聞こえてくるのを聞いて、「漢軍は既に楚を占領したのか、外の敵に楚の人間のなんと多いことか」と驚き嘆いた。 江東(こうとう) - 長江下流の東南のあたりの地域。 乃ち自刎して死す。

2

項王の最期(項王自刎) (現代語訳・解説あり)項羽本紀第七 史記 漢文

最期 の 四面楚歌 王 項 最期 の 四面楚歌 王 項

それが、結果として人心の離反につながっていってしまったのです。